低用量ピルの避妊の仕組み | 賢く利用することで避妊以外の効果もあり!ピルの活用法!

ピルは避妊用のお薬として服用することももちろん可能です。
その際、低用量ピルとアフターピルの二種類がありますが皆様はその違い、使用用途は別記事でも説明致しました。
毎日飲み続けることによって体の負担を少なくし、避妊をさせる低用量ピルと副作用が強いが、緊急時でもほぼ避妊させるアフターピルの二種類です。
ここで、ピルが何故避妊の効果があるのか?具体的にご存知でしょうか?
ピルを服用することによって、子宮にあるけい管粘液の分泌が活発になり、菌や小さなゴミの侵入を防ぎます。
それは精子も例外ではなく、このけい管粘液が精液が子宮に侵入しにくくするので妊娠の可能性が少なくなるのです。
低用量ピルを服用している間は子宮と卵管の動きにも大きな変化が生じます。この間は精子と卵子の結合が難しくなります。
避妊方法は様々存在していますよね。男性の方だったら真っ先に思い浮かぶのはコンドームを使用した方法でしょうか。
他に膣の入り口に精子を殺すお薬を塗る方法だったり、体温調節によって妊娠を免れる方法が存在しています。
しかし、女性にとってストレスが最も少ないのは低用量ピルを服用した避妊だと思われます。
100%妊娠しないというわけではありませんが、その確率は他の避妊方法より妊娠する可能性は低く、1%以下とされています。
万が一、それでも妊娠してしまった場合は神様か仏様の贈り物と思って大切に育ててあげましょう。